【イベントレポート】出雲人 MEETUP#32017.03.22

940x img 0006 4

入口.jpg

2017年3月19日(日)、「キッチンスタジオ 夢の食卓」代表の浅津知子さんをゲストにお迎えし、トークイベント「出雲人 MEETUP#3」を開催しました。

 

 

 

 トップ.jpg

まずは浅津知子さんの自己紹介。

過去には外国為替のお仕事もされていたそうです!現在は『食』にまつわる活動を精力的にされており、講演会やお味噌づくり教室、企業の食の監修をされるなど、各地を飛び回っておられるそうです。(文字通り日帰りで東京や大阪にも行くことがあるそうです。)

今回のような、参加者がすぐ目の前にいるトークイベントは初めてだそうで、「より身近に交流できる。」と喜んでくださいました。

テレビの料理番組収録でのエピソードで、トークに集中しすぎてお料理を少し焦がしてしまったというお話も聞けましたよ。

 

 

 

 風景3.jpg

そして、『食』の大切さを伝える中で出会った『正食(マクロビオティック)』について。

「本当は全部お伝えしたいけれど」とひとこと添えて、重要なポイントである『身土不二』、『一物全体』、『主食は穀物』、『陰陽の調和』について分かりやすくお話ししていただきました。

『その時期、その土地でとれたものを摂ること』『食物は丸ごといただくこと』、『お米などの穀物を5、野菜や海藻を2、魚や動物性のものを1の割合でいただくこと』などを心がけると病気予防になるそうです。

 

 

 

 かいらん中.jpg クッキーそのもの.jpg

また、企画者からのサプライズとして、首都圏のナチュラルローソンにしか販売していない、『食べるお守り』を参加者にプレゼントしました!(写真は『大豆と米粉のシリアルバー』。ほかに『米粉のクッキー』もあります。)

この『食べるお守り』は浅津さんが「出雲のエネルギーに満ちた食材が発信できれば」という想いで監修し、製作されたもので、出雲に古来から生えている美の薬草『アカメガシワ』と島根県産の厳選素材を使用した無添加のおやつです。

http://www.izmcci.or.jp/taberuomamori.html

このサプライズに浅津さんも参加者も驚かれましたが・・・実はこのあと、更なるサプライズがありました!

なんと、この『食べるお守り』を製造されている 障がい福祉サービス事業所「フィリア」の皆さんが参加してくださっていました!ありがとうございます。

浅津さんは現在、更なる新商品を開発中とのこと。楽しみですね!

 

 

トーク2.jpg

 そして、浅津さんのプライベートにも迫りました!

お孫さんとおせちを作ったり、お魚をさばいたり、梅干しを作ったり・・・プライベートも『食』でした。節目節目の行事も大切にしておられるようです。

また、台所が大好きで、可能であれば一日中台所に立っていたいそうです!

 

 

 

 

質問.jpg

『質問コーナー』では、参加者からあらかじめ募った質問を、浅津さんへ投げかけました。参加者の中には一生懸命メモされる方もおられました。(私も必死にメモしました。)

手っ取り早く正食を取り入れるには 味噌汁 がおススメだそうです。また、小魚もまるごと食べられるからおススメだそうです。他にもたくさん質問にお答えいただきました!

 

 

 

 

風景.jpg 

 最後に、これからの活動や夢について語っていただきました。

これからは次世代の人たちへ伝える活動をしていきたいそうです。今回も小さなお子様をもつお母さんたちも参加していただき、大変喜んでおられました。

 

また、将来の夢は『持続可能な社会づくり』と『世界平和』。

農薬や化学物質汚染で鳥や虫がいなくなるなど生態系や自然環境がかわるそうです。今は、世界中で、人、森、里、川、海の生命へ光をあてる活動が始まっていて、『持続可能な社会』は地球上の全てにおいて重要なことであるということを伝えていきたい、とのことでした。

『世界平和』については、『食べ物で心が整う』という精神を貫いたものです。身近なところから『食』の大切さを伝え、それを次世代に繋ぐ・・・それが世界につながればとの想いで、出雲発 添加物不使用の食品を開発し、海外で販売するなどの活動をされているそうです。

出雲から世界へ発信できると良いですね。

 

 

  交流2.jpg img_7819.jpg

 トークの後は、浅津さんを囲んでの交流会。

参加者同士で交流を深めたり、浅津さんとの交流を深めました。

 

交流会では、『正食(マクロビオティック)』の体験の場として、浅津さんお手製『野菜の蒸し煮』が参加者にふるまわれました。

使われているお野菜は『まちなかマルシェ』(出雲のオーガニック野菜)のもので、味付けは出雲 鵜鷺(うさぎ)の湧水を使った塩のみ。全ての野菜をまとめて蒸すのではなく、陰陽を基にした、一つ一つのお野菜の良さや美味しさを引き出す調理方法で、別々に調理されています。

とても塩だけとは思えないおいしさでした!!

 

蒸し煮.jpg

 

 

 

 

 

浅津知子さん、参加してくださった皆さま、ありがとうございました!!

 img_7825.jpg

出雲人 MEETUP#32017.03.19

940x index asatsu



 ― 自然あふれる出雲の幸と あたたかい食卓は 人びとの心身を豊かにする ―
 
「食」の大切さについて伝える活動をしておられる、浅津 知子 さん をトークゲストにお迎えし、「出雲人MEETUP#3」を開催します。 
 
 
 
私たちの生活に、身近で欠かせない「食」について、深く知る良い機会です。浅津さんのプライベートにも少し迫りますよ。
 
ドリンク等もご用意しています。ぜひお気軽にご参加ください。
 
 
※イベント当日、「質問コーナー」で皆さまからご応募いただいた、浅津さんへの質問を投げかける予定です。
この機会に、浅津知子さんへの質問についても、ぜひご応募ください。
 

●と き:2017年3月19日(日)16:00~18:00(受付は15:30から)
●ところ:GREEN GREEN(出雲市渡橋町1212)
●トークゲスト:浅津知子氏
●定 員:先着20名程度(定員を超えた場合は、会場等と調整後、お断りすることがあります。)
●参加費:500円
 
 
 
 
 ※※※ 申込方法について ※※※  (下記の2つの方法があります。)



【1.出雲人公式フェイスブックでの参加申込み】
(1)下記のアドレスをクリックして、出雲人公式Facebookのイベントページに入ってください。
https://www.facebook.com/events/1829195984002847/
 
(2)イベントの「参加予定」をクリックしてください。
  
(3)浅津知子さんへの質問は 下記の出雲人公式Facebookページに直接「メッセージを送信」をクリックし、質問をお送りください。
 https://www.facebook.com/izumozine/
(質問文章の前に「浅津知子さんへの質問」など分かるように記入をお願いします。お名前の記入は不要です。)
 
 ※複数名でご参加の場合は、下記の【2.出雲人公式フェイスブック以外でのお申込み】でお申込みいただくか、 フェイスブックのメッセージで、そのほかの参加者氏名についてお知らせください。
 
 
 
【2.出雲人公式フェイスブック以外でのお申込み】
下記のページの「参加申込書」をダウンロードし、下記のお問合せ先までメールもしくはFAXでお送りください。
 
 
 
●申込み期限:3月15日(水)17時30分まで
 
 
●お問い合せ先
出雲市 経済済環境部 産業振興課 産業企画係
電話番号:0853-21-6549
FAX番号:0853-21-6838
メールアドレス:sangyou@city.izumo.shimane.jp
 

出雲人 MEETUP#12016.03.19

940x izumozine meetup banner new

出雲人 -IZUMOZINE-の公開に合わせ、
出雲市中町商店街「オープンスペース イ
チ-ichi-」にて、MEETUPイベントを開催します。

出雲市で魅力的なモノ・コトを創りだしている方々お招きし、活動内容や想いを語っていただきます。
第1回のスピーカーは次のお二人。

「出雲大社のお膝元で縁結び事業を拡大中!」
カフェまるこ 坂根めぐみさん

「大社で自生したツバキの油を地域の6次産業として確立を目指す」
椿セラピー協会代表 志賀厚雄さん

出雲人同士の新たな“ご縁”を結び、出雲の産業を盛り上げていきましょう。
ご参加をお待ちしております。

●と き:2016年3月19日(土)19:00~21:30
●ところ:出雲市中町商店街のフリースペース ichi
●定 員:20名程度
●参加費:無料

出雲人 MEETUP#22016.12.17

940x 14962925 1164374530308751 242607935 n

第2回となる、MEETUPイベントを開催します。

ゲストスピーカーは切り絵作家の カジタミキ さんです。
日本国内だけでなく、ニューヨークで個展を開くなど、海外でも活躍されています。
 
サイト「出雲人」の中でもカジタミキさんの想いを語っていただきましたが、今回のイベントでは、「出雲人」では聞けなかった作品に対する思いや、カジタミキさんについてお話ししていただきます。
 
出雲の地から
―「切り絵」という表現方法で自分の想いを伝える―
カジタミキ さんにぜひ 「会い」 に来てください。
 
 
※イベント当日、「質問コーナー」で皆さまからご応募いただいた、カジタミキさんへの質問を抽選で投げかける予定です。
カジタミキさんへ質問したいことがある方は、この機会にぜひご応募ください。
 

●と き:2016年12月17日(土)15:30~17:30(受付は15:00から)
●ところ:GREEN GREEN(出雲市渡橋町1212)
●トークゲスト:カジタミキ氏
●定 員:先着20名(定員を超えた場合は、お断りすることがあります。)
●参加費:無料
 
 
 
 
 ※※※ 申込方法について ※※※  (下記の2つの方法があります。)



【出雲人公式フェイスブックでの参加申込み】
(1)下記のアドレスをクリックして、出雲人公式Facebookのイベントページに入ってください。
 https://www.facebook.com/events/213132092464301/
(2)イベントの「参加予定」をクリックしてください。
(3)カジタミキさんへの質問は 下記の出雲人公式Facebookページに直接「メッセージを送信」をクリックし、質問をお送りください。
(質問文章の前に「カジタミキさんへの質問」など分かるように記入をお願いします。お名前の記入は不要です。)
 https://www.facebook.com/izumozine/
 
 
【出雲人公式フェイスブック以外でのお申込み】
下記のページの「参加申込書」をダウンロードし、下記のお問合せ先までメール、もしくはFAXでお送りください。
 詳細は下記のページの「参加申込書でのお申込み」をご覧ください。
 
 
 
●申込み期限:12月14日(水)17時30分まで
 
 
●お問い合せ先
出雲市 経済済環境部 産業振興課 産業企画係
電話番号:0853-21-6549
FAX番号:0853-21-6838
メールアドレス:sangyou@city.izumo.shimane.jp
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【イベントレポート】出雲人 MEETUP#22016.12.19

940x ogp2

2016年12月17日(土)、出雲人-IZUMOZINE-に「芸術・文化づくり人」として登場頂いた、
切り絵アーティスト、カジタミキ氏をゲストに迎えて出雲人IZUMOZINE MEETUP#2を開催しました。

20名の募集でしたが、たくさんの方にお申込みいただき、30名の方に参加していただきました。

 

▼まずはカジタさんの子供時代に遡る話からスタートです。
そこでカジタさんは、後の創作に欠かせないテーマ「生と死」に出会います。

seitoshi.jpg

 

▼序盤、一番盛り上がった桂由美さんとの出会いの話。この出会いはカジタさんのその後の活動に大きな影響を与えることに・・・。

katsurayumi.jpg

 

▼質問コーナーでは、銀アクセサリー作家の方や、カジタさんの影響で切り絵を始めたお子さんからの質問が飛び出しました。

faq.jpg

 

▼最後に、カジタさんの将来の夢の話。それは、いつか夢で見たウユニ塩湖(ボリビア)でのパレードを切り絵を使って表現する事。

uyuni.jpg

 

▼トークタイムが終わって、交流タイム。用意されたお菓子とジュースを囲んで、カジタさんや参加者同士の交流が始まります。

meetup.jpg

 

▼カジタさんの影響で切り絵を始めた女の子に、なにやらアドバイス?をするカジタさん。
女の子の目が、とてもキラキラしていたのが印象的でした。

kajita_advice.jpg

 

▼「シンデレラの靴」を手に持って記念撮影する参加者の二人組。カジタさんの作品を触る機会はなかなか貴重ですよ〜!。

luna_noi.jpg

 

▼「ひまわり」をカジタさん自ら装着!。ちょっと緊張気味の男の子と、それを見守るお母さん、そして羨ましがる妹さん。

kajita_boy.jpg

 

▼今回のMEETUPはクリエイターの参加が多かったのが、非常に印象的でした。
このお二人もイラストレーター。作家トークに花が咲きます。

creaters_talk.jpg

 

▼最後に、カジタさんを囲んで皆んなで記念撮影。カジタさん、貴重なお話をありがとうございました!。

syugo.jpg

ページの先頭へ戻る